FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユズハの受難1

 女スパイ・ユズハは、今、全裸で拘束されている。


 まさに何も着ていない、正真正銘の全裸だ。衣服、といってもちょっとした運動服のようなものだが、それもない。そして装備品であるレシーバーはもちろん腕時計も、ない。


 全てが奪われているのだ。GPS機能付きの、特製腕時計も、である。


 きっとあの時・・・そうだ、あの催眠ガスのようなものを嗅いでしまい、不覚にも意識を失ったあの時に、裸にされ全ての装備品を奪われたのだ。


 ユズハは事態の重大さに気がついた。
 これではサポート部隊も、今の私の状況を知る事ができないではないか!第一、このままでは連絡すら・・・


 それに・・・裸・・・そして一本の鉄の棒、支柱のようなものに、両手を後ろに組まされ手錠を掛けられている。


「ん・・・くっ・・・!」


 虚しくも抵抗してみるも、そんな程度で外れるわけがない。手錠はさらにその手首に食い込む。


「(しまった・・・どうしよう・・・完全に捕まっちゃった・・・)」


 裸にされたという事は、一度は完全に敵の手にかかってしまったという事。独手に服が消えてなくなる、なんて事はありえない。


 つまり、その装備品も、そして衣服も、何もかもが敵の手中にあるという事だ。自分の身体でさえも・・・


「(やだ・・・完全に裸を見られちゃった・・・寝てる隙に全部・・・パンティまでない・・・ホントに素っ裸・・・・こんなの・・・)」


 両手は鉄の支柱の後ろで交差され手錠でロックされ、そして両足も鉄の支柱を周るようにしてその鉄鎖は繋がれている。支柱を切断するか、手錠を解く以外、逃げる術はない。まだ拘束されてそれほど時間は経っていないのだろう。立姿のまま目が覚めたから。なので、疲労感というものはない。



 それよりも不安感だ。



 今、全てのモノを取り上げられ、こうして全裸で捕まっているのだ。




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

女スパイ組織司令長官

Author:女スパイ組織司令長官

私が女スパイ組織「WomenSpy」の司令長官だ。
我が秘密組織所属の女スパイ達の活躍をお見せしようと思い、このサイトを設立した。存分に彼女らの『活躍』を堪能して欲しい。

■18歳未満閲覧禁止。
■閲覧は自己責任。当方は一切の責任を負いません。
■著作権を侵害を目的としてはおりません。問題があった場合は即時対処させて頂きます。
■良い子のみんなは真似しちゃダメよ。

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。