FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユズハの受難10

「拷問・・・拷問・・・いや・・・・いや・・・絶対いや・・・・」


 ユズハは恐怖で気を失いそうであった。必死で顔を左右に振り拒絶の意思を露にしている。その瞳は恐怖で曇りっきりになり、涙さえ滲んで浮かんでいるようだった。


「それが嫌なら、素直に白状したらどうですか?」


 まだまだ紳士的な態度で接するトヨタカ。


「こちらもあまり手間は撮りたくないんだ。お互い無駄な時間は割きたくないだろう?さあ、素直に白状するんだ」


 やや圧迫的な態度で責めるイヌイ。


「いや・・・私何にもやってないのに・・・拷問だなんて・・・」


「強情ですね・・・では仕方がない。ここで問答してても時間の無駄です。移動しましょう」



 イヌイはユズハの手錠を手足とも外した。もうユズハに抵抗する気力などないのを知っている。だが、その屈強な腕力でユズハの両手をガッチリと掴んでいる。これでは非力な女の力では抵抗などできない。せっかくこの鉄の支柱から解放されたと思ったら、今度は両手を前にして手錠をかけられた。


 足の手錠は外されたが、どのみち両手がこのように手錠をかけられたままでは振り切って逃走というわけにもいかないだろう。脱出など不可能なのだ。


 いずれにせよ、先ほどまで全裸のままもて遊ばれたユズハにはそのような体力など残ってもいないが・・・



 そして首に首輪をつけられる。鋼鉄製の黒い首輪。南京錠でガチーンと固定されたその首輪。おそらく工業用の高速カッターですら切断な困難なほど、分厚い。そして鎖状のリールで逃げられないようになっている。そう、まるで犬の首輪のようなあれだ!


「大人しくするんだ」



 ユズハは従うしかなかった。



「さ、来い」


 ぐいっと引っ張られ、まるで犬のように連れて歩かされる。裸のまま、見知らぬ男性に身体の秘部をいじられ、疲れ切っている中、さらに服すら許されずにまた、拷問室とやらへ連行され、歩かされる。



 そして裸のまま、何も着る事が許されず、歩かされるユズハ。


 倉庫のようなこの薄暗い部屋をトヨタカとイヌイに連れられ、出ると、そこはどこかのホテルの地下なのだろうか?まるで現在営業していないホテルなのか、電気もところどころにしか点灯しておらず、階段の踊り場くらいしか明るいところがない。


 これが「イゴーリ」のアジト?


 ユズハは立って歩かされている。両手を前に手錠で拘束され、裸のまま、無理やり歩かされている。少し疲れているのか、その歩き方はヘタリ気味だ。靴すら許されていないユズハには、この廃屋のようなアジトの地面は、かなり冷たい。


「・・・・・・・・・・」


 ユズハは感じている。これからさらに過酷な拷問が行われる事を。



小説「ユズハの受難」 完

追記:2013.7.1

司令長官だ。これにて小説「ユズハの受難」は一旦幕を閉じさせて頂くことにします。

そもそもこの小説は当サイト設立にあたり、何らかのコンテンツを作ろう、というライトな目的で、我が組織の官能小説好きな女スパイ隊員に執筆させたものなのだ。
とはいえ、どうにも願望のようなものが混じっていたようだが・・・?
彼女は現在「退役」しているのでこれ以上続きはない。申し訳ない。

だが今後、ご要望があるのであれば、今度はもっとしっかりした内容で構成し、お送りしたいと考えている。期待していて欲しい。女スパイ小説というのは多そうで少ないのだ。
今回の尻切れトンボ的な終わり方は反省材料と今後の糧にさせて欲しい。すまない。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

女スパイ組織司令長官

Author:女スパイ組織司令長官

私が女スパイ組織「WomenSpy」の司令長官だ。
我が秘密組織所属の女スパイ達の活躍をお見せしようと思い、このサイトを設立した。存分に彼女らの『活躍』を堪能して欲しい。

■18歳未満閲覧禁止。
■閲覧は自己責任。当方は一切の責任を負いません。
■著作権を侵害を目的としてはおりません。問題があった場合は即時対処させて頂きます。
■良い子のみんなは真似しちゃダメよ。

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。