FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユズハの受難6

 トヨタカはその黒い革手袋の、ややごっつい手先で、ユズハの敏感な乳首をやさしく触れる。


「いやあ!な、何を!」


「もうずっとこのまんまでいいじゃないですか・・・見なさいこの乳首。いい形をして・・・しかもまだ何もしていないのにもうこんなに立派に乳首が立っている・・・」



「ち、ちょっとお!」


「裸でいる事を興奮して感じている証拠です。身体は正直なんでしょうねえ・・・くっくっく・・・」


「そんなんじゃない!いい加減離して!警察呼ぶわよ!」


「ほう警察ですか?」


「あんた達みんな訴えてやるから!」


「それは楽しみですねえ、ユズハさん」


 そしてその革手袋により愛撫を止める。そして今度は、そのツンツンとした立派な乳首とやらを、トヨタカがゆっくりと舐め始めた。右の乳首を、乳輪を舐め回すかのようにゆっくりと舐め、それが終わると今度は乳首をまるでアイスを舐めるかのようにゆったりとしたペースで舐め始めたのだ。


「いやああ!やめてえええ!」


「どうしました?せっかく身体が感じているのですから、手伝ってやっているのですが?」


「やめて!この変態!」


 続いて今度はイヌイが支柱の後ろに周り、左側の乳房をマッサージするかのようにモミはじめる。



 まさに乳房周辺の愛撫のオンパレードだ。



「い・・・・あ・・・・・いやああ・・・・・・」


「身体は正直だな。お前のオッパイからな、感じています、私は感じていますってのがビンビン伝わってくるぜ」


「そ、そんな事・・・・」


 トヨタカはそこで一旦その愛撫を中断し、再びユズハの真正面に立ち尽くす。そう、まるでひとつの彫像や美術品をじっくり鑑賞するかのように、両腕を組み、ユズハの目の前に立ち尽くしているのだ。


一方イヌイは今度は先程までトヨタカがいじめぬいていた乳房を、乳首をも、揉み始めた。


「あ・・・・・・」


 すっかりとろけるような表情になっているユズハ。


「やめて・・・やめてくださ・・・い・・・」



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

女スパイ組織司令長官

Author:女スパイ組織司令長官

私が女スパイ組織「WomenSpy」の司令長官だ。
我が秘密組織所属の女スパイ達の活躍をお見せしようと思い、このサイトを設立した。存分に彼女らの『活躍』を堪能して欲しい。

■18歳未満閲覧禁止。
■閲覧は自己責任。当方は一切の責任を負いません。
■著作権を侵害を目的としてはおりません。問題があった場合は即時対処させて頂きます。
■良い子のみんなは真似しちゃダメよ。

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。